作業療法士養成校の存在

作業療法士の養成校は、専門学校の他に大学、短大といったように全国に様々な種類が存在します。 どの学校に通っても、もちろん国家資格の受験資格を得ることが可能です。 年に1回行われる国家試験に合格することが出来れば誰にでも作業療法士の国家資格を得ることができるため、 社会人でも今から目指すことも養成学校で学べば十分可能です。



そのための養成学校があり4年制、3年制の学校もあれば、昼間部や夜間部なども存在しますので自分にあった学校を選択することも出来ます。 昨今では4年制教育が主流となっていますが、その理由としてはやはり学ぶべきことが3年制の養成学校よりは多いことが挙げられます。 カリキュラムにも比較的余裕があることも多く、選択する授業も自分の興味のある科目を多くとっていきやすいからです。 学ぶうえで作業療法士は専門知識だけがあれば良いわけではなく、 実際の仕事現場では様々な患者さんと上手にコミュニケーションをとっていかなくてはならないので作業療法以外の幅広い知識や社会常識なども 重要になっていくのです。



また大学の養成学校は、一般教養などの科目を選択出来ますから、 多少時間がかかっても実際に仕事現場に出る前に視野を広げていきたい人にはなおのこと4年制大学のほうが良いと思います。 一方で専門学校の場合は、一般教養を身につけるということよりかは、国家試験の資格取得に特化したカリキュラムを組まれていることが多いです。 ですから即戦力となれるスキルを身につけたいと考えている人は専門学校を選ぶほうがよいかと思います。 そうなってくると俄然に社会経験が豊富な社会人が選ぶべく養成学校は自ずと見えてきます。



○特集
大学ではなく専門学校ですが、作業療法士の養成校です。 >>> 作業療法士 専門学校